Project

General

Profile

News

夏のオープンキャンパス (2024/8/10(土)) でオープンラボ・ラボツアーを実施します

Added by ohsaki (大崎 博之) 6 days ago

2024/8/10(土) に開催される夏のオープンキャンパスでネットワークアーキテクチャ研究室のオープンラボ・ラボツアーを実施します。

日時: 2024/8/10(土) 10:00am〜2:00pm
場所: 神戸三田キャンパス IV 号館 4F 大崎(博)研究室
対象: 高校生・保護者の方
内容: 「未来のインターネットを創造する」
来場者の方へのメッセージ: 大規模ネットワークのアーキテクチャ (つくりかた) 研究の最前線を紹介します。

参加には事前申し込みが必要です。上記のページの「来場型の申し込み」からお申し込みください。

ソサイエティ大会で 19 件の研究発表を行います。

Added by ohsaki (大崎 博之) 6 days ago

2024/9/10(火)〜9/13(金) に日本工業大学 (埼玉県) で開催される電子情報通信学会ソサイエティ大会 に 19 件の研究発表を行います。

han: 部分的なノードの埋め込みベクトルを利用したランダムウォークに関する一検討
shota: 流体近似法を用いた TCP BBRv2 輻輳制御機構のモデル化に関する一検討
daiki: 動的グラフにおけるランダムウォークの初回到着時間に関する一検討
ryo: 強化学習を用いたグラフ上のランダムウォークの効率化に関する一検討
hiroki: 行列の摂動理論に基づく固有ベクトル中心性不明化手法の有効性に関する一検討
taichi: 自動バレーパーキングシステム AVPS における CRC32K9 の誤り検出能力評価
shotaro: 協調強化学習を用いたルーティング手法の有効性に関する一検討
yuta: 強化学習を用いたフロー制御方式のウィンドウサイズ調整法に関する一検討
ren: 確率的データ構造を用いるランダムウォークのフィルタ占有率調整機構に関する一検討
momo: 粗視化グラフの集約度情報を利用したグラフ超解像度手法に関する一検討
jiwoo: 敵対的攻撃下におけるランダムウォークの初回到着時間に関する一検討
kazuma-a: 粗視化グラフを用いるグラフ上のランダムウォークに関する一検討
yuito: ネットワークの QoS を保存するトポロジ粗視化手法に関する一検討
kazuma-d: 断片的な非局所情報を利用するグラフ上のランダムウォークに関する一検討
taiki: 10BASE-T1S イーサネットを用いた車載ネットワークの通信遅延に関する一検討
yuto: 粗視化グラフの次数分布に関する一検討
yoshiteru: トークン巡回を利用したフローレベルシミュレーションの効率化に関する一検討
taisei: 車載ネットワークにおける IEEE 802.1Qcr ATS の特性に関する一検討
taiyo: 敵対的攻撃に対するグラフ上のランダムウォークの堅牢性に関する一検討

COMPSAC 2024 に 6 本の論文が採択されました。

Added by ohsaki (大崎 博之) 3 months ago

IEEE コンピュータソサイエティのシグネチャ会議 COMPSAC 2024 に 6 本の論文が採択されました。

  • Han Nay Aung and Hiroyuki Ohsaki, ``On the Impact of Network Topology on Distributed Online Kernel Learning''
  • Hiroki Kawamura, Satoshi Shiina, Han Nay Aung and Hiroyuki Ohsaki, ``Robustness of Random Walk on a Graph against Adversary Attacks''
  • Ren Inayoshi, Han Nay Aung and Hiroyuki Ohsaki, ``BloomWalk and CuckooWalk: Fast Random Walks Utilizing Probabilistic Data Structure''
  • Shota Inoue, Ryo Nakamura and Hiroyuki Ohsaki, ``Fluid-based Modeling of TCP BBR Congestion Control Mechanism''
  • Han Nay Aung and Hiroyuki Ohsaki, ``Node Embedding Accelerates Randoms Walk on a Graph''
  • Shota Inoue, Tomoka Yamazaki, Ryo Nakamura and Hiroyuki Ohsaki, ``FLNET: Fluid-based Large-scale Network Simulator''
    (1-4/4)

    Also available in: Atom